ラジカセを担いでいるかのようなトイレットペーパー マツキヨがドイツのデザイン賞を受賞

更新日:

全国にドラッグストアを広くチェーン展開する株式会社マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市: 代表取締役社長 松本清雄)のプライベートブランド「matsukiyo」のトイレットペーパーは、2017年に世界的権威あるパッケージデザイン賞「ペントアワード(Pentawards)」のボディケア部門において世界最高賞のプラチナ賞、そして世界三大広告賞の一つ、「クリオ賞(The Clio Awards)」の銀賞を受賞しましたが、今回、3冠目となるドイツのデザイン賞の「iFデザイン賞2018」を受賞いたしました。
受賞したトイレットペーパーは、一部店舗では買い物袋タイプを既に発売しており、ラジカセタイプを4月中旬より順次全国のマツモトキヨシ(一部店舗を除く)にて発売されます。他のデザインについても順次発売する予定となっています。

トイレットペーパーの買い物をおしゃれに ラジカセを担ぐ 赤ちゃんを抱っこ お買い物風

今回受賞した「matsukiyo」ブランドのトイレットペーパーは、パッケージに吸収力や肌触りといった基本機能を訴求したデザインではなく、ラジカセ、お買い物バッグ、赤ちゃんなどをデザインし、街中で持ち歩くことが楽しく、見た人たちの気持ちも明るくなるパッケージを目指して作られました。「トイレットペーパーを持ち帰るのがちょっと気恥ずかしい」と感じている生活者のインサイトに着想を得て、むしろ持ち帰るのが楽しくなるようなパッケージデザインを展開しています。

プライベートブランド「matsukiyo」は、ブランドビジョン「日本の暮らしを楽しくする。」を目指す独自ブランドとして、品質・機能の確かさはもちろんのこと、“マツキヨらしい面白さや驚き、喜び、楽しさのある付加価値を探求した情緒的な価値”をも重要視したパッケージデザイン開発に注力。お客様の生活スタイルに寄り添う、「シンプル&ファッショナブル」という デザインコンセプトのもと、斬新でおしゃれなパッケージ、そして、選びやすく、使いやすく、特徴がひと目でわかるパッケージデザインを基本に開発を行っています。

「matsukiyo」ブランドの象徴商品として、ブランドの考え方や思いを凝縮した結果、国際的に権威のあるドイツの「iFデザインアワード」を受賞することとなりました。

マツモトキヨシグループの主力ブランド「matsukiyo」

matsukiyoは、「毎日の暮らしをより美しく、健やかに、楽しく彩る、アイデアを利かせたブランド」をコンセプトに、品質へのこだわりだけではなく、毎日携帯したくなるようなかわいいデザインや、お部屋に置きたくなるようなおしゃれなデザインなど情緒的なベネフィット、そしてマツモトキヨシらしい斬新さを付加したマツモトキヨシグループの主力となるブランドとなっています。

iFデザインアワードについて

「iFデザインアワード」(https://ifworlddesignguide.com/)は、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催している国際的に権威のあるデザイン賞で、ドイツの「レッドドット・デザイン賞」、アメリカの「IDEA賞」と並ぶ世界3大デザイン賞の一つです。iFデザインアワードは、7つのデザイン分野(プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、インテリア/内装建築、プロフェッショナルコンセプト、サービスデザイン、建築)で構成されています。国際的に活躍する専門家がデザインの美しさや機能性のみならず、革新性なども含めた厳正な審査基準に基づき、毎年、全世界の工業製品などを対象に優れたデザインを選定しています。「優れたデザインの証」でもあるiFデザインアワードを目指し、2018年は54の国と地域から6,402件の応募がありました。

商品について

・商品名:mkふんわり3枚重ね12Rトリプル18mラジカセ
・内容量:18m、3枚重ね
・発売日:4月中旬より順次発売予定
・販売エリア:全国(一部店舗を除く)
※その他のデザインを順次発売予定

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.