イタリア発“陸上配送”ドローン日本初上陸 慶応義塾大学実証実験結果を報告

更新日:

株式会社DroneFutureAviationは、2018年9月5日に独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下SFC)にて行ったので報告します。

日本初「YAPE」実証実験の目的

今回の実証実験は、イタリアからの陸上配送用ドローン「YAPE」の利便性・安全性・有用性・発展性を確認し、今後の実証実験や日本国内での運行可能の実現性を高めるために行ったものです。

今回が「YAPE」の日本初の実証実験となります。

また今回の実証実験では、いくつかの団体や企業に陸上配送ドローンのデモを披露しました。

「YAPE」とは

「YAPE」とはイタリアを本社とする会社で、現在、地元警察の協力を得て、公道での配送実証実験を行っています。「Yape」の機体は親しみやすい見た目で、独立した電気モーターを備えた2つの車輪でエネルギー消費を最小化し、動きの機敏さを最大化する構造です。これにより小道や狭い空間を機敏に動き、楽々と歩道を上り下りが可能です。「360度ヴィジョン」により、人間の目よりも早く障害を予測して、最大30%の傾斜・7㎝の段差を超え、最大で70kgの荷物を届けることができます。ヨーロッパ特有の凸凹した道でも走行可能な陸上ドローンです。

デモンストレーションでは、遠隔操作実験と、マッピング自動走行を行いました。その様子は以下の動画にまとまっています。

<yape実証実験の様子>
https://www.youtube.com/watch?v=jmbYPKdV1X0&feature=youtu.be

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.