新成人400人の理想の働き方は「プライベートを重視しながら働きたい」が8割

更新日:

企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ「チームワーク総研」は、『働き方に関する意識調査』として、今年の新成人400人に「理想の働き方」に関する調査を行いました。

調査概要

◆調査対象:1998年4月2日~1999年4月1生まれの新成人 男女200名ずつ 計400名
◆調査期間:2018年12月14日(金)~16日(日)
◆調査方法:インターネット調査
https://teamwork.cybozu.co.jp/blog/20age-ceremony.html

調査結果

■約8割が「プライベート重視の働き方」志向
どんな働き方をしたいかと聞く質問では、「プライベートを重視しながら働きたい」と答えた方が約8割でした[図1]。

4年前の新成人と比べてみると「プライベート重視」は変わらない傾向となっています。一方、わずかではありますが「バリバリがむしゃらに働きたい」が減り「働きたくない」が増えています[図2]。

■地元志向の新成人
「どこで働きたいか」を尋ねた質問では、半数近くの人が「地元で」と回答しました[図3]。(※地元志向で地元が東京の方は「東京で」と回答。)

また、「どんな組織で働きたいか」を尋ねた質問では、「中小企業」「大企業」「公務員」が上位でほぼ同じスコアとなりました[図4]。

「どんな社会人になりたいか」とクロス集計すると、「プライベート重視」の人はほぼ傾向に違いがないものの、「バリバリがむしゃらに働きたい」人で「中小企業」で働きたいと回答した人は少なく、「外資系企業」で働きたいと回答した人が多めであることが分かりました。

また、どんな職場で働きたいかを尋ねた質問では、「人間関係が良い」「自分が成長できる」「定時で帰りやすい」が上位となりました[図5-1]。逆に「忙しいが活気がある」「様々なテーマに挑戦できる」など忙しさを想起させるものは下位となりました。

複数回答について、働きたい組織別にクロス集計をすると、大企業選択者では「尊敬できる上司がいる」「多くの人と出会える」「様々なテーマに挑戦できる」、中小企業を選択した人では「定時で帰りやすい」「比較的仕事がラクそう」、公務員を選択した人では「しっかり基礎が身に着けられる」が、平均より高い傾向となりました[図5-2]。

理想の社会人像では、「父親」「母親」「先生」といった身近な社会人の他、「経営者/社長」や現役経営者である孫氏、堀江氏、前澤氏が名を連ねました。今年動向が注目されたイチロー選手や大谷選手もランクインしました[図6]。過去の調査と比較すると、上位5位に「経営者/社長」が入ったのは、今年が初となります。また、イチローは、2014年、2015年の調査でも5位に入っており、世代を超えて「理想の社会人」であることがうかがえます。

まとめ

今回の調査では、将来社会に羽ばたく新成人が自身の働き方について、どんな理想をもっているのかを調べ、「地元でプライベートを重視しながら働いて、人間関係の良い職場で成長したい」といった新成人の働くことへの意識が垣間見えました。

多様なメンバーを受け入れていくことが、これからのチームづくりには必要です。彼らを職場に迎え入れる際、どのような接し方をするのが良いか考えるきっかけになれば幸い、とのことです。

サイボウズ チームワーク総研では、多様な個性を活かしたチームをつくるための研修プログラムを多数用意しています。今後もチームワーク総研では、チームやチームワークを考える調査の一環として様々な調査を引き続き行い発信していきたいとしています。

■サイボウズ チームワーク総研 https://teamwork.cybozu.co.jp/
■調査内容についてのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 チームワーク総研:三宅、なかむら
TEL: 03-4306-0817(直通)  MAIL: teamwork@cybozu.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、同社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.htmlを参照してください。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.