ジブリの敏腕プロデューサーの“言葉”を展示 「鈴木敏夫とジブリ展」がEDOCCOで開催

更新日:

2019年4月20日(土)~5月12日(日)の23日間(※会期中無休)、神田明神に新設された文化交流会館「EDOCCO」内の明神ホールおよびその周辺エリアにて、『鈴木敏夫とジブリ展』が開催されます。

特設サイト:http://ghibli-suzuki.com/

「鈴木敏夫とジブリ展」は、国内外問わず多くのファンを持ち愛され続けるジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会です。一昨年の広島(筆の里工房)を皮切りに、昨年、名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催され、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップしています。会場には、鈴木敏夫氏が書き下ろした書やイラストをはじめ、新たな時代へのメッセージを来場者に投げかける特別企画や、同企画展の会場となる神田明神とジブリのコラボレーショングッズの販売も予定しています。

<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS ©Studio Ghibli

<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS ©Studio Ghibli

<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS

<鈴木敏夫氏による揮毫の様子> 撮影:山本 彩乃

作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫氏ですが、その力強い“言葉”を見ただけで、きっと誰しも心に残る名場面を鮮明に思い出すとともに、ジブリの世界観に強く引き込まれるでしょう。高畑勲、宮崎駿両氏と出会って40年、「風の谷のナウシカ」や「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」、「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか、この展示では、鈴木氏による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫氏の「原点」から「今」を紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫っています。

開催概要

名  称 : 鈴木敏夫とジブリ展
会  場 : 神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 明神ホール <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
会  期 : 2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日) ※計23日間、会期中無休
時  間 : 10:00~18:00 (最終入場 17:30) ※営業時間は今後変更になる可能性があります。
主  催 : 株式会社乃村工藝社
特 別 協力 : 株式会社スタジオジブリ
入 場 料 : 未定 ※詳細が決まり次第お知らせがあります。
お問い合わせ: ghibli-suzuki@nomura-g.jp (一般問い合わせ用窓口)

■ 前売券について
2019年2月10日(土)より、ローソンチケットにて前売券の販売を開始予定です。前売券をお買い求めの方限定で、数量限定のオリジナルグッズ付きチケットも販売予定です。
価格や特典についての詳細は近日、特設サイト他にてお知らせします。
特設サイト:http://ghibli-suzuki.com/

鈴木敏夫氏プロフィール

1948年、名古屋市生まれ。

撮影:荒木経惟

慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社し、『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加しました。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わりました。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従しています。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサーとなりました。著書に『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』(岩波新書)、『ジブリの哲学―変わるものと変わらないもの―』(岩波書店)、『風に吹かれて』(中央公論新社)、『ジブリの仲間たち』(新潮新書)、『ジブリの文学』(岩波書店)、『人生は単なる空騒ぎ―言葉の魔法―』(KADOKAWA)、『禅とジブリ』(淡交社)、『南の国のカンヤダ』(小学館)などがあります。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.