東急電鉄 街全体を1つのメディアに 街ジャックメディア開発事業「ROADCAST」を開始

更新日:

東急電鉄は、未活用壁面による街ジャックメディア開発事業「ROADCAST(ロードキャスト)」を開始します。

渋谷の街全体を1つのメディアとしてジャック

同事業では、渋谷エリアに点在する住居や店舗などの未活用壁面を同社が一括して借用し、それらを同時展開するプロモーション手段として提供することで、渋谷の街をジャックします。単純広告ではない「街ジャック」の特性を活かし、同じものを何度も目にするような展開によってインパクトを生んだり、場所に合わせて異なる表現を施すことで「探して見つける」楽しみを提供できたり、と街全体を1つのメディアとして用い、効果的な情報発信を可能にします。

持続的な街全体の活性化を実現

同事業では、広告主の企業、壁面所有者、来街者、同社の4者にとってWin-Winな関係を構築し、さらに持続的な街の活性化を目指します。広告主には、街ジャックという効果的な情報発信を、手間をかけずにできるという利点、また、壁面所有者には、利用料収入だけでなく、落書きに悩まされることもある壁面を綺麗に維持管理できるという利点があり、裏路地のような、渋谷の「A面」だけでなく「B面」も一体となった情報発信を行います。さらに、渋谷を訪れると興味深い情報が得られ、面白い体験ができるというイメージが広がることで、来街促進や回遊性の高まりによる滞在時間の長期化に繋がり、街全体を活性化させます。

約100カ所の壁面で展開する渋谷街ジャックメディアとしての運用開始

2018年夏から渋谷駅周辺の未活用壁面約30カ所を利用したテストマーケティングを行った後、2019年4月までに、約100カ所の壁面で展開する渋谷街ジャックメディアとしての運用開始を目指します。またその後、既存の屋外メディア事業者などとも連携し、街ジャックメディアとしての拡大を予定しています。なお、同事業は、2015年4月に当社が創設した「社内起業家育成制度」の第4号案件となります。

「エンタテイメントシティSHIBUYA」が実現

同社は、この事業を通じて、渋谷の情報発信力を高め、いつ訪れても旬な情報に出会えるような、「渋谷ならでは」の体験ができる街にすることで、「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指したいとしています。

関連キーワードから記事を見る
, , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.