世界最大のレンタルオフィス「リージャス」が全国81拠点のワークスペースを無料開放

更新日:

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG)は、前年度に引き続き「テレワーク・デイズ(2018年7月23日から27日)」に合わせて、7月23日(月)から27日(金)までの期間、「テレワーク・デイズ」応援団体に参加し、同社が提供するワークスペースを全国81拠点を無料開放します。

計81拠点でワークスペースが無料開放

無料開放するワークスペースは、全国の「リージャスビジネスセンター」、「リージャスエクスプレス」、「SPACES」、計81拠点が対象です。使用する際は、指定のサイトより事前に申し込みすることで、期間中、同拠点のワークスペースを無料で利用できます。また、ビジネスエリアは勿論、羽田空港第1ターミナル内にもテレワーク可能なスペースを用意しています。

新しい働き方で業務の効率化が実現

同社はこれまで、日本全国の主要ビジネスエリアの駅周辺を中心に、レンタルオフィスを「サテライトオフィス」として活用するなど、どこでも働くことができる「フレキシブルワーキング」を提案・推奨し、多くの企業の「働き方改革」をサポートしてきました。「本社まで通勤しない」、「自宅近くで働く」という新しい働き方の選択は、通勤にかかる時間や負担を大幅に減らすことができるため、業務の効率化だけでなく、育児・介護と仕事をバランスよく両立することも可能となります。さらに、同社では昨今、主要ビジネスエリア周辺だけでなく、より住宅エリアに近い駅や隣接するターミナル駅にもビジネスセンターを開設する取り組みも、積極的に展開しています。

働き方改革でより創造的な活動にフォーカスできる社会の実現

今回実施する無料開放は、これまで同社が行ってきた「働き方改革」推進の取り組みを踏まえ、日本政府(総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府)が、東京都および経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として働き方改革を推進する国民運動プロジェクトである「テレワーク・デイズ」に合わせて、同社のワークスペースを利用してもらうことで、より多くの企業や団体のテレワーク導入・推進を目指していきたいとしています。

リージャス・グループは、ビジネスに携わるすべての人が、より創造的な活動にフォーカスできる社会の実現を目指し、「働き方改革」推進に向けて積極的に取り組んでいきたいとしています。

■「ワークスペース無料開放」概要

・実施期間: 2018年7月23日(月)から27日(金)
・提供ワークスペース: 全国のリージャスビジネスセンター、リージャスエクスプレス、SPACES
合計81拠点(首都圏45拠点)
※「オープンオフィス」は、無人のレンタルオフィスのため、こちらのキャンペーンでの利用はできません。
・営業時間: 平日8:30~18:00
羽田空港第1ターミナルは8:00-20:00
関西国際空港は8:00-21:00
・設備: フリーWifi、フリードリンク、電源、プリンター、文具各種
・内容: 無料開放期間中、対象となる同社のワークスペースを無料開放します。
下記サイトより事前に予約いただき、返信されるメールを持参ください。
※座席は先着順となりますので、満席の場合は利用できない場合があります。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.