メルカリの2018年ランキング「トレンド」1位は“アルミ玉”「取引ブランド」1位は“ユニクロ”

更新日:

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において集計した「メルカリトレンドワード2018」及び「取引ブランドランキング2018」を発表いたします。「メルカリトレンドワード2018」は、今年一年間に「メルカリ」内で検索されたワードのうち、前年と比較して検索数が急上昇した検索ワードを抽出しています。また、「取引ブランドランキング2018」は、今年一年間に「メルカリ」内で取引されたブランドのアイテム総数から算出しています。

「メルカリトレンドワード2018」

1位にランクインした「アルミ玉」は、今年5月に人気YouTuberが紹介した、アルミホイルを丸めハンマーで叩き続けるとピカピカの鉄球になるという動画が話題になり検索数が急上昇しました。6位の「ユーチューバーチップス」は人気YouTuberのオリジナルカード付きポテトチップスで、一般販売開始後すぐに完売となった商品です。2018年はYoutuberに関連した検索ワードが2つランクインし、消費への影響力の高さがうかがえます。

また、今年のトレンドワードには、おもちゃに関連した検索ワードが4つランクイン。2位「はぐっとプリキュア」は今年2月からスタートしたテレビアニメ「プリキュアシリーズ」の通算15作目で、「メルカリ」内ではおもちゃの取引も多数。4位「リカちゃん 服」はハンドメイドで作った人形の洋服の写真がSNSに数多くアップされて話題になりました。そのほか、3位「LOLサプライズ」9位「ダンゴムシ ガチャガチャ」もTVやWEBなどで話題となり検索数が急上昇しました。

7位「おからパウダー」8位「スクワットマジック」はダイエットに関連したワードで、共に女性芸人がTV番組のダイエット企画に挑戦し話題となったことから検索数が急上昇しました。そのほか、「メルカリ」内でも人気のスニーカーカテゴリーで、上半期のトレンドワード5位となったアディダスの「yeezy 500」をおさえ、今年最も検索されたスニーカーとしてナイキ「エアマックス270」が10位にランクインする結果となりました。

「メルカリトレンドワード2018」概要

調査方法:メルカリ内で2018年1月1日〜11月25日までに検索されたキーワードの中で、2017年の同検索数との差が大きいものを抽出しています。

「取引ブランドランキング2018」

最も買われているブランド・最も売られているブランドともに、1位〜4位は同じ結果となりました。「ユニクロ」に代表されるように、幅広い層に愛用されているブランドが上位となっています。そのほか「ミキハウス」や「ベビーギャップ」などの子供用アパレルは、子供の成長が早く着用できる期間が限られているため、安く手に入れたいという消費者のニーズとマッチし、売買が成立しやすい傾向にあります。
また今年7月発表の、メルカリ開始から5年間累計の「取引されているブランドTOP10」(※)から順位を上げた「アップル」は、10月にiPhoneの新機種が発売されたことで、旧機種やiPhone付属品の取引が増えました。
※:5年間の歴史を振り返る『数字で見るメルカリ』https://about.mercari.com/press/news/article/20180702_mercarinumbers/

「取引ブランドランキング2018」概要

調査方法:メルカリ内で2018年1月1日〜11月25日までに売り買いされたブランドアイテムの総数からそれぞれ算出しています。

・書籍「メルカリ〜希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間」(著者:奥平和行)
この度、メルカリが取材協力を行い、創業からの歴史を振り返ることができる「メルカリ〜希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間」(著者:奥平和行、発行:日経BP社、発売:日経BPマーケティング、定価:本体1,600円+税)が、11月22日より発売されました。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.