ロボットスーツHAL®を全国初導入 図書館業務の腰部への負荷を低減

更新日:

つくば市は、図書館職員の作業負荷低減を目的として、平成30年8月1日より、CYBERDYNE株式会社が開発・製造するロボットスーツ「HAL®腰タイプ 作業支援用」を導入します。

「HAL® 腰タイプ 作業支援用」

力仕事の負担を軽減

図書館のバックヤードでの作業は大量の書籍等の上げ下ろしなど、力仕事の連続であるため、腰部への負荷を減らすことができる装着型ロボットである「HAL®腰タイプ 作業支援用」の効果に期待しています。また、同製品には新たに防塵・防水機能が加わったため、屋外作業となる移動図書館での使用など、様々な場面で活用していきます。

「移動図書館」

「書籍運搬作業の様子」

なお、同製品の図書館への導入は、全国初の試みとなります。

●導入期間

平成30年8月1日(水)から平成31年3月31日(日)までの8か月間

●製品概要

 HAL®腰タイプは、脳から神経を通じて筋肉へ送られる信号を微弱な「生体電位信号」としてセンサーが読み取り、腰に装着した機体のモーターを動かすことで、人の動作を補助するもの。医学的・解剖学的観点からの解析・シミュレーションに基づき、腰部負荷を低減する機能を実現したウェアラブルロボット
(CYBERDYNE株式会社ホームページ「HAL®腰タイプ作業支援用」)
https://www.cyberdyne.jp/products/Lumbar_LaborSupport.html

「HAL® 腰タイプ 作業支援用」

Prof. Sankai, University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.

「HAL® 腰タイプ 介護支援用」

Prof. Sankai, University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.

●製品導入の経緯

同製品はつくば市トライアル発注認定制度により導入いたしました。「HAL® 腰タイプ 作業支援用」の導入は、消防本部に続き二例目となります。
つくば市トライアル発注認定制度とは、市内中小企業の販路開拓を支援するため、新規性の高い優れた新製品・サービスを市が優先的に導入する制度です。これまでに、14事業者(15製品・サービス)を認定し、うち8製品・サービスを導入しています。
また、中央図書館は他のトライアル発注認定商品である自動追従運搬ロボット「サウザー」(株式会社Doog)を平成30年3月23日より導入しています。今後ともつくば市は、市内企業の新規性の高い優れた新製品・サービスを導入していきたいとしています。
(つくば市ホームページ「つくば市トライアル発注認定制度」)
http://www.city.tsukuba.lg.jp/jigyosha/shigoto/sangyo/1001723.html

「消防本部への「HAL® 腰タイプ 作業支援用」導入の様子」

「中央図書館への「サウザー」((株)Doog)導入の様子」

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Front Runner , 2020 All Rights Reserved.