令和新時代の人気職業とは!小学校を卒業した子どもに「将来就きたい職業」について調査

更新日:

株式会社クラレは、今春小学校を卒業した子どもとその親を対象に、「将来就きたい職業」と「就かせたい職業」のアンケート調査を実施しました。

男の子が就きたい職業の1位は、昨年に続き「スポーツ選手」となりました。競技の内訳では、サッカーや野球が多くの票を獲得する中、今年初めてeスポーツが登場。国内でもプロリーグが発足し、10月には全国初となる都道府県対抗のeスポーツ大会も開催される予定で、子どもたちの関心も高まっているようです。2位には、昨年は5位に順位を下げていた「研究者」、3位には「医師」が入りました。また、「大工・職人」が昨年16位から6位に大きく順位を上げました。ブロックでできた仮想空間の中で、ものづくりができるゲームのヒットも影響しているのでしょうか。人材不足や高齢化が懸念される職種とあって、子どもたちの関心の高まりには注目したいところです。
女の子の1位は「教員」、2位は「保育士」で、子どもと関わる職業が上位に入りました。10位以内では、3位「看護師」、9位「医療関係」といった医療職が目立ちますが、昨年1位だった「医師」は医学部の不正入試問題なども影響したのか、9位に順位を落としています。おしゃれに関する仕事に興味を持つ女の子も多く、「美容師」は14位から5位に大きく順位を上げ、8位には「デザイナー」が入りました。

調査概要

[調査対象]2019年3月に小学校を卒業した子どもとその親
[調査方法]使い終わったランドセルをアフガニスタンの子どもに贈る当社の社会貢献活動「ランドセルは海を
越えて」キャンペーンにご協力いただいた方にアンケートを実施(2019年1月14日~3月中旬)
[有効回答]男の子とその親:各640名/女の子とその親:各736名

調査結果

「スポーツ選手」にeスポーツが初登場
1位は昨年同様「スポーツ選手」でした。内訳を見ると、サッカー(40.9%)、野球(29.6%)で7割を占めていますが、今年初めてeスポーツ(4.3%)が登場しました。ゲームを使ったスポーツ競技であるeスポーツは、日本でも徐々に認知度、競技人口が拡大しつつあります。部活に取り入れた高校もあり、子どもたちの注目も今後ますます高まりそうです。
4位は昨年に続き「ゲームクリエイター」で、ゲームの制作側も人気があります。インターネットを舞台にした職業では、昨年初登場した「ユーチューバー」が18位(1.4%)に入りました。

男の子の保護者1位は安定の「公務員」
男の子の保護者が子どもに就かせたい職業は、昨年に続き「公務員」が1位となり、2位「会社員」、3位「研究者」となりました。5位「スポーツ選手」と答えた人の子どもの回答を見ると、95%以上が同じく「スポーツ選手」になりたいと書いています。「スポーツ選手」は親子で一緒に追いかける夢のようです。

「教員」「保育士」が上位に返り咲き、「医師」は順位落とす

1位は「教員」、2位は「保育士」と、一昨年(2017年)の調査の1位、2位が上位に返り咲く結果となりました。女の子は、身近で接することが多い職業に、素直にあこがれる気持ちが強いようです。毎年人気の高い医療職は、「医師」が9位に大きく順位を落としたものの、3位に「看護師」、9位に「医療関係」が入りました。
「美容師」は、14位から5位と大きく順位を上げました。ファッションやヘアスタイルに興味を持つおしゃれ感度の高い女の子が増える中、おしゃれな職業の代表的存在ともいえる「美容師」への関心も高まっているようです。
20位以内では、「マスコミ関係」が13位に入りました。内訳をみると、雑誌などの編集者が42.9%、ジャーナリスト・記者が38.1%となっています。学校などで新聞を教材として活用するNIEの普及が進み、ニュースを身近に感じる子どもが増えているのかもしれません。

女の子の保護者医療職が上位を占める
女の子の保護者が就かせたい職業の1位は、昨年に続き圧倒的人気で「看護師」でした。2位には「医療関係」、3位には「薬剤師」が入り、医療職が上位を占めました。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.