新しい賃貸!隣人交流型賃貸住宅“ソーシャルアパートメント”「NEIGHBORS目黒」来年オープン

更新日:

株式会社グローバルエージェンツは、東京都目黒区内の土地建物を取得し、リノベーション工事を経て41棟目となる隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」として2019年1月にオープンします。

公式WEBサイト: https://www.social-apartment.com/builds/tokyo/meguro-ku/view/58

施設内容

・目黒、不動前、武蔵小山の3駅が徒歩圏のロケーション
同物件が所在するエリアは「目黒」駅、東急目黒線「武蔵小山」、「不動前」駅の3駅の利用が可能な都内でも屈指の人気住宅街です。

・目黒通り、山手通りいずれからも少し裏手に入っていることで大通りの喧騒を全く感じることがなく、さらに周辺には、自然環境に溢れ都内では数少ないBBQが可能な「林試の森公園」、桜の時期は多くの見物客が訪れる目黒川、日本一長いアーケード武蔵小山商店街パルムなど充実した周辺環境を有しています。

・英国伝統のCLUB LOUNGEがテーマのラウンジ
約120㎡以上の広々としたラウンジは、2つの空間から構成されており、キッチンのあるダイニングエリアではシンボリックな半円形のバーカウンターを本物件で初めて採用し、それによりメンバーズクラブのバーを彷彿とさせる高級感のある空間に仕上げるとのことです。

ラウンジエリアには、大型のチェスターフィールドソファを中央に贅沢に配置し、あらゆるコミュニケーションのシーンに応えると同時に、ダイニングスペースと空間を緩やかに仕切ることができます。

クラブラウンジのような重厚感のある内装でありながら、リラックスした時間を過ごせるよう全ての座席をソファで揃えています。

窓面も多いため採光が良く、昼間は光に包まれる居心地の良い空間となっています。

・ソーシャルアパートメント初のPhoneブース付ワーキングラウンジ
フリーランスやスタートアップの入居者、リモートワークができる社会人が多く入居するソーシャルアパートメントでは、上記の交流を目的としたラウンジと共に、ソーシャルアパートメントの共用部として利用頻度の高いワーキングラウンジとします。

同物件では初めて一人仕様の扉付Phoneブースを採用し、プライベート性の高い空間を設けました。電話会議やWeb会議など、働き方の多様化に応えられるよう、時代に合わせた環境を整えています。

・エントランス
物件エントランスは既存の中庭を活かしながら、エントランスサインや照明をゴールドカラーで統一するなど、細かな設えまで拘っています。
他物件同様、エントランスから居室までの独立した動線が確保されています。

・居室はキッチン・シャワーユニット・トイレを備えた1Kタイプ
16㎡1Kで構成されたお部屋は、既存の3点ユニットを全て更新し、セパレート型のシャワー・トイレが設置されています。

またキッチンも全て更新して新規キッチンにリフォーム。ソーシャルアパートメントならではの新しい1Kのデザインを提案します。

■ソーシャルアパートメントとは
ソーシャルアパートメントは、従来型のワンルームマンションとも、昨今同じく注目を集めているシェアハウスとも異なり、賃貸マンション内にデザイン性の高いキッチンやラウンジなどの共用スペースを備え、住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅です。
また当社発信によるウェブマーケティングや継続的なブランディング、入居者発信によるSNSや口コミの影響により年々認知度が広がっており、年間問い合わせ数約7,000件、年間平均稼働率93%、直近では10月20 日にオープンした映画館付ソーシャルアパートメント「FILMS(フィルムス)和光」はオープンから1ヶ月足らずで既に123室中80室以上の申込みを獲得し、約70%の稼働状況となっています。

施設概要

施設名称:NEIGHBORS(ネイバーズ)目黒
オープン予定日:1月下旬
所在地:東京都目黒区下目黒5丁目14番19号
アクセス:東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩12分 / JR山手線「目黒」駅から徒歩16分
構造:鉄筋コンクリート造陸屋根3階建
築年月:1991年6月
世帯数:84 戸
居室タイプ:1K(16㎡前後)
最多価格帯賃料: 105,000円(2年プラン適用時/管理費・水道光熱費別)
事業会社:株式会社グローバルエージェンツ

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.