「2018年度世界渡航先ランキング」で東京が8位 年間約2千万人の渡航者が訪れるバンコクが1位

更新日:

Mastercardは本日、「2018年度世界渡航先ランキング(Global Destination Cities Index)」において、東京が8位にランクインし、バンコク、ロンドン、およびパリが上位を占めたことを発表しました。また、ランキングの半数がアジア太平洋の都市となっています。Mastercardの「世界渡航先ランキング」は、過去10年にわたり渡航先の都市とその都市に関する分析を行い、今回の結果により渡航先ランキングの上位に入るには、堅固な都市インフラ、ビジネスと娯楽面での魅力、力強い地域文化が重要な要素であることが分かりました。
2018年のMastercard「世界渡航先ランキング」における調査対象は、世界162都市に拡大しています。渡航者数と渡航先での消費額に基づくデータに加えて2018年の成長予測も含み、今回より平均的な滞在日数と1日あたりの消費額予測を出しています。

日本の都市が世界の渡航先として最も成長している

世界渡航先上位10都市を訪れる渡航者(1泊以上)の年間成長率(2017年)は、ソウルを除く各都市で上昇し、2018年の予測では、大幅な渡航者数の増加により全般的な成長が見込まれます。
年間約2,000万人の渡航者が海外から訪れるバンコクは、今年も1位に選出され、2018年には9.6%の成長が予測されます。興味深いのは、バンコクを訪れる渡航者が平均で4.7泊滞在し、1日あたりの平均消費額が173ドルであった点です。手頃な費用なため渡航者の支出意欲が促され、バンコクはパリ、シンガポール、ソウルよりも旅行しやすい都市として見られる一方、2位にランクインしたロンドンよりも消費額が多くなっています。

また、中国人観光客の渡航先としてアジア太平洋の都市が大変人気で、中でも東南アジアの都市が多く選出されています。

渡航者の消費額に関しては、1位には昨年に続きドバイが選出され、1日あたりの平均消費額は537ドルです。シンガポールやバンコク、東京などアジア太平洋の4つの都市もトップ10に選出されています。

さらに、日本の都市が世界の渡航先として最も成長していて、中でもレジャーの誘致に力を入れている地域の沖縄が39.2%、京都が27.8%、大阪が23.6%と2009年から2017年の過去8年間の年平均成長率が最も伸びています。

海外旅行は経済にとって重要で生活を豊かにするもの

Mastercardのグローバル都市担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのミゲル・ガミーノJr(Miguel Gamiño Jr)は、次のように述べています。「海外旅行は、多くの都市経済にとって極めて重要で、現地の人と旅行者双方の生活を豊かにし、都市は旅行者の記憶に残る体験を提供すべく革新を続けています。当社は、世界中の都市と緊密に連携し、その都市にある従来の特徴を維持しながら、旅行者をより一層惹きつけ、満足のいくインサイト(見識)や技術を提供していきます。」

ビジネスまたはレジャー目的で都市を訪れる渡航者向けに、Mastercardは、旅行業者、都市設計家、銀行、店舗など、幅広いパートナーと協力し、以下事項に取り組んでいるようです。

デジタル化および経済開発における都市の課題の特定と解決:Mastercardは連携を通じて共通の課題を解決する都市、研究機関、民間組織向けのグローバル・プラットフォームであるCity Possibleを開始しました。
公共交通機関など、主要な都市サービスへのアクセスの簡素化:旅行者と現地住民は、電車やバスに乗るために持ち歩いている非接触型のMastercardカードを100以上の都市で使用することが可能です。
バンコク、ロンドン、パリなどランキングに選出されたその他の都市を含む、42のPriceless都市で独自の食事、娯楽、ショッピング体験を提供しているとのことです。

【Mastercard「世界渡航先ランキング」について】
Mastercardの「世界渡航先ランキング」では、海外からの渡航者数(1泊以上)と渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、翌年の渡航者数を予測しています。調査対象の162都市における海外からの渡航者数と消費額は、公表値をもとに導き出されています。翌年の予測は、同ランキングが発表される以前の直近の旅行動向見通しを加重平均し、算出しています。同調査と付随するレポートは、Mastercardの取引データに基づき算出されたものではありません。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.