誰でも配送できる「DIAq」EC事業者と連携で当日配達や深夜早朝を含む配達時間の指定が可能に

更新日:

株式会社セルートは、2018年11月より、EC事業者向けのAPI(Application Programming Interface)を公開します。今回のAPIは、DIAq(ダイヤク)のサービスとEC事業者のサービスを連携するものです。ECで商品を購入したユーザー(お客さま)が、EC事業者のサイトやアプリ内で、当日配達のほか深夜早朝を含めた配達時間を指定したり、アンカー(運送者)の情報を確認したりする機能を提供します。

DIAq API TOP画像

DIAq APIサービス紹介サイト

https://ec.dia-9.com

背景

2017年8月にリリースしたDIAqアプリは、荷主と近くにいるアンカーをリアルタイムにマッチングさせる仕組みにより、注文後30~60分程度での配達など、とくに緊急度の高い場面で活用されています。今回公開するAPIでは、実店舗の在庫をECで活用する企業を対象に、それほど緊急性はないものの既存の宅配サービスではカバーできない「注文日即日配達」のサービスを提供します。

「緊急配送」と「当日配達」は市場が異なるサービスです(図1)。DIAqでは、今回新たに当日配達市場に向けた新しいソリューションを用意しました。ユーザーがECサイトまたはアプリで商品を購入した後、アンカーが最寄りの店舗の在庫を集荷・配達するため、当日配達が可能になります(図2)。

(図1)今回提供するEC宅配サービス用APIと既存アプリの違い

(図2)店舗在庫を活用するECサイトまたはアプリとDIAqの連携による買い物体験の例

   ※オレンジ色の矢印がDIAqと連携した配達の流れ

概要

(1)API連携によって利用できる機能

当日配達のほか、深夜早朝を含む配達時間の指定、受取り場所の指定を、ユーザーがECサイトやアプリ上で行えるようになります。

購入された商品は、DIAqの審査を通過したクラウドソーシングのアンカーが店舗から商品を集荷してユーザーの指定場所へお届けします。

(2)メリット

1. EC事業者のメリット

自社のサイトやアプリをDIAqと連携することで、ユーザーの利便性が向上し、集客力の向上が見込めます。

また、当日配達や深夜早朝の時間指定が可能になることで、返品率の減少が見込めます。

2. ユーザーのメリット

当日配達や深夜早朝の時間指定が可能になることで、購入から受け取りまでがスムーズになり、ECの買い物体験への満足度が大きく向上します。

(3)公開日

2018年11月

(4)利用方法・料金

下記のURLより、サービスの詳細を確認できます。

https://ec.dia-9.com

「空き時間」を使って荷物を運ぶ!~次世代の物流プラットフォーム「DIAq」~

配送クラウドソーシングアプリ「DIAq」は、自転車で通学する学生、買い物に行く主婦、出前の原付から個人事業主のプロドライバー、バイク便のプロライダー、自転車便のプロメッセンジャーまで、多種多様な人たちが「空き時間」を使って荷物を運ぶことができるプラットフォームアプリです。アプリを通じて、シェアリング・エコノミーによる、効率が良く持続可能な次世代の物流プラットフォームの提供を目指しているとしています。

関連キーワードから記事を見る
, , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.