マネーフォワード スタートアップを支援するプログラム「STARTUP BOOSTER」を開始

更新日:

​株式会社マネーフォワードは、本日よりスタートアップを対象に、新プログラム『STARTUP BOOSTER』を開始しました。

『STARTUP BOOSTER』では、連携するベンチャーキャピタルの出資先であるスタートアップを対象に、同社が提供するビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』の無償提供*や税理士によるメンタリングを提供します。なお、今回連携するベンチャーキャピタルは、インキュベイトファンド、Skyland Ventures、GMO VenturePartners株式会社、株式会社ジャフコ、株式会社ディープコア、500 Startups Japan、Plug and Play Japanの7つになります。

同社は、『STARTUP BOOSTER』を通じて、創業間もないスタートアップにおけるバックオフィス業務にかかる時間やコストを削減し、事業の加速・拡大を間接的に支援していきます。また、ベンチャーキャピタルとの連携もさらに加速していきたいとしています。

*『MFクラウド会計』『MFクラウド請求書』『MFクラウド給与』『MFクラウドマイナンバー』『MFクラウド経費』の計5つのサービスが対象

『STARTUP BOOSTER』概要

対象:該当するベンチャーキャピタルから出資を受けているスタートアップ
期間:利用開始から1年間
内容:
(1)『MFクラウドシリーズ』使い放題プラン
『MFクラウド会計』『MFクラウド請求書』『MFクラウド給与』『MFクラウドマイナンバー』『MFクラウド経費』の計5つのサービスを1年間無料で利用できます。
(2)税理士によるメンタリング
税務の専門家である税理士によるメンタリングが受けられます。回数、金額、契約形態などは、個別相談となっています。

申込方法:
(1)支援元のベンチャーキャピタル経由で『STARTUP BOOSTER』申込みフォームのURLを受け取る。
(2)フォームから『STARTUP BOOSTER』に申し込む。
(3)マネーフォワードが申込み内容を確認し、『MFクラウドシリーズ』の1年分の無料クーポンを提供。
(4)税理士のメンタリングを希望する場合は、電話でのヒアリングをもとに紹介。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.