AI監視カメラサービス使用 振り込め詐欺を防ぐ「ATMコーナー監視システム」が実証実験を開始

更新日:

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、株式会社佐賀銀行※1(以下 佐賀銀行)ATMコーナーにおいて、ATMによる振り込め詐欺を未然に防ぐ対策として、AI監視カメラサービス「AI Physical Security Service」を利用した「ATMコーナー監視システム」の実用化に向け実証実験を開始しました。

「ATMコーナー監視システム」実用化実証実験実施の背景

オプティムと佐賀銀行は、2017年12月18日に、FinTech※2を含んだ「金融×IT」分野において、AI・IoT・ブロックチェーン※3技術などを活用した取り組みを推進して行くことを目的として、「金融×IT 戦略的包括提携」を締結し、本取り組みは「金融×IT 戦略的包括提携」にて合意している、「AIなどのIT技術を利用した振り込め詐欺対策システム」を構築する取り組みとなります。昨今被害が著しい振り込め詐欺は、認知されている金額だけでも約378億円※4の被害額が発生しており、オプティムと佐賀銀行は振り込め詐欺被害からお客様をお守りしたいと考え、AI監視カメラサービス「AI Physical Security Service」を利用した「ATMコーナー監視システム」の実用化に向けた実証実験を開始しました。なお同システムは、オプティムと佐賀銀行が共同で特許出願をしているようです。

「ATMコーナー監視システム」とは

「ATMコーナー監視システム」とは、オプティムが提供している、AI監視カメラサービス「AI Physical Security Service」を利用したシステムです。ATMコーナーを撮影している監視カメラの映像をAIが解析することにより、お客様が振り込め詐欺にあわれてる可能性があるかどうかを判定します。振り込め詐欺被害にあわれているとシステムが判定すると、行員に通知が行われ、お客様に声がけなどを行うことができます。これにより、振り込め詐欺を未然に防止できるようになります。なお、同システムはリアルタイムに検知を実施する必要があるため、映像の解析にはNVIDIA※5のGPU※6を搭載したEdgeBox(エッジサーバー)を利用しています。

「AI Physical Security Service」とは

「AI Physical Security Service」とは、「OPTiM Cloud IoT OS」で動作するAI監視カメラサービスです。ネットワークカメラなどで撮影されている映像をAI(人工知能)がリアルタイムで監視し、異常を検知した際にアラート表示をしたり、管理者へアラートメール送信を行うなど、監視の負担を軽減することができます。現在、多くのモニターを確認してサポートを行っているオペレーターの方の業務負担を軽減させるとともに業務の確実性が増し、さらなる安全性の向上が期待されるとのことです。

「AI Physical Security Service」ページ:

https://www.optim.cloud/services/ai-physical-security/

※1 所在地:佐賀県佐賀市、取締役頭取:坂井 秀明

※2 FinTech:「finance(ファイナンス)」と「technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語、金融サービスと情報技術(IT)を結びつけた先進的な取り組みや技術の意味。

※3 ブロックチェーン:データを分散することにより、中央集権のコンピューターを置かず、破壊や改ざんが困難なネットワークを作る分散型台帳技術。

※4 出典:警察庁ウェブサイト

※5 本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)

※6 GPU:Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット)の略、3Dグラフィックスを描画する際に必要となる大量の計算処理を受け持つ半導体チップ。近年では、ディープラーニングに必要となる膨大な計算処理をGPUが受け持ち、AIの著しい発展に寄与している。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.