エイベックスが保有する楽曲の約25,000曲をTikTokに開放 幅広いコンテンツの制作が可能に

更新日:

エイベックス株式会社は、大人気ショートムービーアプリTikTok(読み:ティックトック)と、日本の音楽レーベルやエンタテインメント会社として初めて包括的楽曲ライセンスで提携し、同社が保有する楽曲、約25,000曲を開放することを発表しました。

近年、短尺動画を投稿するプラットフォームが若年層を中心に全世界的に大流行し、日本でもそのムーブメントが起きています。その代表格であり、いまや全世界150カ国以上でリリースされ、日本国内での月間再生回数が130億回を誇るのがTikTokです。音楽に合わせた動画をシェアできるTikTokに同社が保有する楽曲を開放することで、日本のユーザーはもちろん、J-POPの人気が高い中華圏、韓国、インドネシアなどのアジア地域のユーザーも自由に楽曲を利用できる環境が生まれ、これまで以上に幅広いコンテンツの制作が可能になります。
また一方で、同社は、若年層やアジア地域において、よりリアルなマーケティング活動が実現します。

同社は、音楽の楽しみ方がハイスピードで多様化する中、今後も環境の変化に柔軟に対応するとともに、今回の契約締結を機会に、TikTokとより緊密かつ強固な連携を進め、日本を含むアジア地域において、音楽が持つコンテンツの可能性を追求するとしています。

※TikTokへの提供対象となる楽曲:エイベックス・エンタテインメント株式会社の原盤保有楽曲
※契約締結会社:エイベックス・デジタル株式会社

ローンチ時期

日本国内:2018年10月30日(火)予定
日本以外のアジア地域:2018年10月末より順次対応予定

TikTokの概要

TikTokは、ショートフォームのモバイル向けビデオに最適なアプリです。ミッションは 、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、その時に起きた瞬間を捉えて届けることにあります。TikTokは誰もがクリエイターになることを可能にし、自分たちのビデオを通じてクリエイティヴな表現と情熱をシェアしてもらえることを手助けします。TikTokは、ロサンゼルス、ロンドン、東京、ソウル、上海、北京、シンガポール、ジャカルタ、ムンバイ、モスクワ等にオフィスを展開します。2018年はじめにはTikTokは世界で最もダウンロードされたアプリの一つとなったとのことです。TikTokのアプリは App Storeまたは Google Playストアを通じて入手できます。TikTokについての詳細はtiktok.comにあります。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.