スーツに見える作業着"ワークウェアスーツ"が「ラフォーレ原宿」で正式採用

更新日:

株式会社オアシススタイルウェアが開発、販売するスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」は、作業性の高さや、水洗い可能といった機能性だけでなく、ファッション性の高さも評価され、今回「ラフォーレ原宿」のミュージアムおよび施設管理のスタッフユニフォームとして導入されました。
また、今CMで話題のIT企業「株式会社ロコンド」の田中社長も愛用され、様々な場所や様々な人たちに、ワークウェアスーツが活用されているようです。

株式会社ラフォーレ原宿
代表取締役社長 荒川 信雄(あらかわ のぶお)

ラフォーレ原宿は、時代の変化と共にトレンドを真っ先に映し出し、最先端のファッションカルチャーを世界中に発信しています。『ファッションラバーズファースト』をスローガンに、各ショップにてお洋服をお客様にご紹介するスタッフだけでなく、館全体を支えるスタッフが身に纏うものにも、愛情とこわりを提供したい。それが、ファッションカルチャーを牽引する弊社の使命であるという想いにより、ワークウェアスーツを導入致しました。導入後は、取引先様やお客様からもご好評いただいており、ラフォーレ原宿全体のホスピタリティの向上に繋がりました。

株式会社ロコンド
代表取締役社長 田中 裕輔(たなか ゆうすけ)

機能性や快適さだけでなく、デザインがカッコいい事がお気に入りの理由。一度着てしまうと、スーツに戻れなくなります。仕事柄、海外出張にもよく行く私ですが、フライト時に着用していても、パジャマのように身体にストレスがかからず、ジャケットを着たまま眠る…なんて事ができます。また、スーツを別途持っていく必要も無いため、荷物の軽量化にも繋がります。あとはもちろん、機能性でいえば、雨の日に大活躍。撥水性が高いので、雨の日でも快適に過ごせます。これからも、デザイン性の面や、カラー展開など底知れぬポテンシャルに期待しています。

■事例写真

■ワークウェアスーツとは

ワークウェアスーツは、「スーツに見える作業着」とのコンセプトのもと、グループ会社の水道工事会社にて、長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かし、現場作業しやすい高機能(ストレッチ性、防水速乾・撥水性、多収納、水洗い可、形状記憶)を備え、フォーマル要素を取り入れた次世代のスーツ型作業着です。3月27日発売以来、インターネットで話題となり、単月目標の5倍の売り上げを達成しています。個人向けは、同社ECサイト(https://www.workwearsuit.com/)に加え、ロコンド、Amazon.co.jpで販売してます。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.