紙飛行機をスマートフォンで操縦することができる次世代紙飛行機最新作の日本上陸プロジェクト開始

更新日:

紙飛行機をスマートフォンで操縦することができる次世代紙飛行機「POWERUP(パワーアップ)」シリーズは、Kickstarterで累計48,000人以上のバッカーを集めた大人気シリーズです。クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」では、このシリーズ最新作となる「POWERUP DART(パワーアップ・ダート)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、9月13日(木)より開始。10月30日(火)まで支援を受付けます。

「POWERUP DART」は、宙返りやバレルロールなど計8種類のアクロバット飛行ができる他、シリーズ最速となる最高時速40kmを実現。まるで航空ショーのような迫力ある飛行が可能です。価格はプロジェクト期間限定で、4,950円(税・送料込)より提供します。

【商品詳細URL】 https://kibi.co/powerupdart

「POWERUP DART」の5つの特長

1. まるで航空ショーのような「計8種類のアクロバット飛行(※)」が可能。

2. 「最高時速40km(シリーズ最速)」と、圧巻のスピード。

3. 骨格にクロスバーを追加し、従来品より機体の安定性と強度をアップ。

4. 操縦も簡単。ペアリングした端末を傾けるだけの直感的な操作。

5. わずか25分で充電完了。※飛行時間は約10分

・前方のバッテリー/モーター、後方のプロペラと尾翼により飛ぶ仕組みとなっています。
・技は、「ウィングオーバー」「バレルロール」「スピン」「ループ」「レイジーエイト」「シザーズ」「ハンマーヘッド」「インメルマン旋回」の8つ。それぞれの技を繰り出すには、専用アプリによる操縦の練習が必要です。

製品について

開発の背景/開発者・Shai Goitein氏について
「POWERUP」シリーズの開発者であるShai Goitein氏は、大の飛行機マニア。幼少期からプラモデルに親しみ、14歳の時にはパラグライダーを操縦。そして、イスラエルの軍隊で14年間も貨物機のパイロットを務めた経験を持ちます。開発のきっかけは、ボランティアで航空力学の講義に参加したときのこと。講義前の下調べで、ラジコン界で最新技術がどんな風に使用されているかを調べていく内に、市場で入手可能な軽量で小型の微小部品に興味を持ち、これを紙飛行機に取り付けて操縦可能な装置にできないかと考えたのがきっかけです。

製品仕様
・重さ:11.5g [国土交通省の規制対象外]
・速度:最高時速40km
・飛行時間:25分の充電で、約10分の飛行可能。
・バッテリー:75mAh
・入力電圧:5V(Micro USB)
・通信範囲:60m
・専用アプリ:iOS/Android対応
・素材:ファイバーカーボン、ナイロン、強化ガラスファイバー、ポリプロピレン、ゴム

価格
<POWERUP DART:本体のみ>
Kibidango特別価格(超早割):4,950円【限定20個】
Kibidango特別価格(早割) :5,280円【限定50個】
Kibidango特別価格     :5,555円
[参考]一般販売予定価格  :6,580円

<POWERUP DART:DOGFIGHTセット(本体2つ/スタンド1つのセット)>
Kibidango特別価格(超早割):9,480円【限定50個】
Kibidango特別価格(早割) :9,990円【限定100個】
Kibidango特別価格     :10,800円
[参考]一般販売予定価格  :13,160円
※価格はすべて[税・送料込]の価格です。

お届け時期:2018年12月~2019年1月に順次お届け予定
※プロジェクト期間内に目標金額130万円を達成した場合のみお届けします。
※未達成の場合プロジェクトは不成立となり、一切の支払いも発生しません。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2018 All Rights Reserved.