ユーザーも配達員も満足!日本郵便と共同実施の置き配バッグOKIPPAで約61%の再配達の削減に成功

更新日:

物流系ITベンチャーYper(イーパー)株式会社は、昨年12月に日本郵便と共同で実施した置き配バッグOKIPPA(オキッパ)の実証実験結果を公表しました。OKIPPAバッグを活用することで、約61%の再配達の削減に成功したと発表しました。

実証実験概要

2018年12月の1ヶ月間、東京都杉並区の1000世帯に置き配バッグOKIPPAを無料配布して、再配達の削減効果を検証しました。応募はSNSを中心に行い、開始1週間で募集定員の1,000世帯を超え、計1,300以上の応募の中から抽選で1,000世帯を選出しました。参加者の住居形態は、集合住宅55.0%、戸建45.0%と集合住宅と戸建住宅の両環境を同時に対象とした個人向け宅配ボックス実証実験としては過去最大規模となりました。また、下図の通り、参加者の中心は30代〜40代となり、その半数が共働きの世帯でした。

再配達を61%削減に成功、盗難はゼロ

今回の実証実験期間中にアンケート集計ベースで約6,000個の宅配物が配送され、参加者の初回配送時不在率は51%でした。結果は下図の通り、OKIPPAを設置したことで期間中の再配達率を最大61%削減することに成功しました。期間中、いたずらや盗難等の問題は発生しませんでした。4割近く再配達が残っている要因としては、お歳暮のシーズンで宅配ボックス預入不可の食料品が多かったことや、年末で大型の荷物が比較的多くなっていたことが挙げられます。

今回の実証実験参での初回配送時不在率51%は、国交省が発表している都内の再配達率16.4%と比較しても非常に高い数字となっているが、これには理由があります。下図は、実証実験参加者の通販サイト(ここでは主に物販)の利用頻度ですが、総務省が調査している利用頻度に比べ、明らかに週1以上利用する通販ヘビーユーザーが多くいます。こうした通販ヘビーユーザーは、一般の消費者よりも年間で3~4倍ほど荷物を受け取る機会が多く、宅配ボックスのような受取り環境が整ってない場合、再配達を「量産する」存在となっています。今回、OKIPPAではこうした通販ヘビーユーザーにピンポイントでOKIPPAを配布することで、効率的に再配達の削減が行えることを実証できました。

ユーザー及び配送員の双方が高評価

実証実験終了後にユーザー(N=700)と配送員(N=50)にOKIPPA利用の満足度調査を実施しました。下図の通り、ユーザーには0〜100点で評価してもらったところ、過半数から80点以上と高い評価を得ました。90点を付けた参加者の50代女性は「再配達を待たずに欲しいものが受け取れるのはとても便利です。」と回答しています。一方、50点を付けた30代女性は「認知度・所有率が高まった時は盗難などが発生するリスクが高まると思う。アイデアはとても良いと思うのでセキュリティ面の強化に今後期待したい。」と、今後の改善点も確認できる機会となりました。
また、配達を担当した社員の94%がOKIPPAの普及を望む結果となりました。とても利用してほしいと回答した社員は「ご不在の頻度が高いお客さまに再配達のことを気にせず荷物を届けることができた。配達途中にOKIPPAの配布を知ったお客さまから「自分も欲しい」というご要望がとても多かった。」と、OKIPPAの利用が配送の効率化、業務負担の軽減につながることを確認できました。配送員視点での製品改善の余地も見つかり、今後の製品・サービスの改良に繋げる予定とのことです。

今後の予定

同社で2018年7月に実施した都内100世帯に引き続き、今回の1000世帯実証実験においても再配達率を大幅に削減できることを確認できたことから、今年1年間で100万個のOKIPPA設置を目指すとしています。100万個の設置によって、短期間で、国内の再配達率を現状の半分以下 に削減できると見込んでいます。

OKIPPAバッグ&専用アプリ

置き配バッグ『OKIPPA』 製品概要
おしゃれなエコバッグShupattoを開発している生活雑貨メーカーの株式会社マーナと共同開発。
品名 : OKIPPA(バッグ・専用ロック・内鍵、専用バンド、取扱説明書他7点セット)
カラー : 全1色(ネイビー)
販売価格 : 税込3,980円(送料別)
材質 : 本体/ポリエステル(撥水加工)、持ち手/ポリエステル
耐荷重 : 13kg
サイズ : バッグ使用時/約70×66cm(容量57L)、折りたたみ時/約13×13cm(厚さ5cm)
※一般的に、OKIPPAのような簡易宅配ボックスと配送会社間での利用契約等は存在しません。そのため、環境や配送員によっては利用が困難な場合がございます。

OKIPPAアプリ(iOS/Android)
Amazon、楽天のECサイトアカウントまたはGmail/Hotmail(Amazon、ユニクロ、ZOZOTOWN、他数社を取込可能)をアプリ内で連携するだけで、自動で購入した商品の配送状況をアプリに取込み管理します。配送会社5社(ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、Amazonデリバリープロバイダー各社、楽天EXPRESS)の配送状況が表示可能で、万が一、再配達になった場合にもOKIPPAアプリから再配達依頼が可能です。また、OKIPPAに荷物が配送完了すると、配送完了の通知が受信可能です。
※完了通知は遅れが生じる場合があります。

関連キーワードから記事を見る
, , , , , , , , ,

Copyright© Front Runner , 2019 All Rights Reserved.